Precious JIN 明るい未来へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明るい未来へ。

こんにちは。

メール、コメ、web拍手にたくさんありがとうございます。

仁ファンの方からだけのコメでないのでいろいろなご意見ご感想読ませていただいてます。

それぞれ仁を思う気持ち、KAT-TUNを思う気持ちがあるのでいろんな気持ちがわいてくると思います。

朝起きてメールチェックしてたら友達から夜中にメールが届いてました(新聞写メ付きで)

仁友さんからも同様のメールが届いてました。

朝最初に思ったことは。。。

やっぱりこういう結果になってしまったか!!ってこと。

母体となるグループがあるから安心して個々の活動でき充実できたらってのが理想だなと思ってました。

やっぱりKAT-TUNの「A」で歌って踊ってる仁が好きだから。

でも覚悟はいつからかできてたんです。

カレンダーが発売されて今までの衣装とか本当に満載で5周年だからか!!なんて最初は思ってたんですよ。

でも2WAYが発表されてもう1回見直したときはなんか今までの軌跡のかたまりで思い出がたくさん詰まったものでなんかイヤな予感がしたりして。

友達と仁の立場がなんだか宙ぶらりんだから周りにもいろいろ言われるしメディアにもいろいろ書かれちゃうんだよねなんてことよく話してました。

ここまでそんな状態を引っ張ってきてこのタイミングなんだ!!って頭の中ぐちゃぐちゃ。

どうしてこの時期なのかしら??

昨日からWOLRD TOURが始まりみんな楽しみにしている中他のファンの方も複雑な気持ちになるかたいらっしゃるんじゃないのかな??

昨年の仁ソロ「WONDER」を初めて聞いたとき他のシンガーとのコラボに驚きました。

でも「仁のやりたいことがステージ出てきてよかったな!!」って正直思った私。

そして「すごいな!」って。

日生でのソロLIVEを観てさらに仁のアーティストとしての可能性は無限だと思いました。

そして日生のライブをきっかけにつかんだ仁の夢でもあったアメリカ進出。

これはジャニーさんも夢みていたこと。

2WAYが発表になり本当に動揺したし、みんなどれだけ不安な気持ちになったことか。

でも仁はロス公演を、そしてKAT-TNは5人でアリーナツアーそしてWOLRD TOURをがんばる!!

決まってしまったこととはいえ、なんでスケの調整がうまくしてWOLRD TOURに仁もステージに立てなかったのかな??と大舞台に仁がいない寂しさも感じました。

朝はサンスポHPしか会見内容が詳しくあがってなく先ほどすべてのスポーツ紙のHPで会見内容をチェックしました。

ジャニーさんが苦渋の決断だったと
「決してけんかしたりする連中ではない。仲がいいだけに自由奔放。彼(赤西)と5人は生きる方法が違う。両方に対する親心があるから」と複雑な心境をにじませた。

「生きる方法が違う」はわかるのですが「赤西がグループを離れるのは2回目」って今回のアメリカ進出は前回とは全然意味合いが違うんじゃないんですか??で腑に落ちない。

ジャニーさんはじめメンバーも「がんばれ!」と後押ししてくれたんじゃないのかな??って。

いろいろみんなで話あった結果の2WAYじゃなかったのかな??って。

本当に仁ソロ活動するにあたり仁のパートをほかのメンバーが歌わなくちゃいけなくなったりいろいろ苦労させていまった面もあったでしょうし、KAT-TUNを応援しているファンの方に迷惑をかけてしまったのかもしれないけど5人は5人でがんばっていたし仁も仁でがんばってた。

ならば「失敗してもグループに戻るのは世間やメンバーも許さない」てのもなんだかとっても腑に落ちない私です。

仁の全米ツアー後に正式発表とのことですが今回の結果が最良だと事務所は判断したんですよね。

仁にとってもKAT-UN5人にとっても。

そして彼らを応援するファンにとっても。

私たちファンはいつも決まったことについていくことしなできないんですね(涙)

ずーっとモヤモヤ??
とげが刺さってた状態??

今日のカレンダーの仁のように空を見上げると東京の空は青空です。

仁が笑ってくれてることが私たちファンの願い。

事務所は辞めないということ。

事務所は仁を全面サポートすること。

ショービジネスの本場アメリカで夢を叶えようとがんばる仁を今後とも応援するしかないです。

バックがあるないはAYUKOさんも前に書いてらっしゃいましたが大きな違いですからね。

アメリカでの成功を願いつつ、仁を応援しているファンは日本にたくさんたくさんいるってこと、仁に会いたくて会いたくてしかたないファンは日本にたくさんたくさんいるってこと。

少しでも多く仁を見れる機会を本当に作ってほしい。

仁の言葉が聞きたいです、正直ね。

来週カツマニュは仁ですね。

そしてくしくも日本では明日になりますがLA現地タイム17日20時「よるクリ」で仁の独占インタビューが放送されるのですよね。

長男に「ぱーーっとみんなと集まって飲んでくれば!」と言われ、notジャニの友達から「ソロの方が仁君はいろいろ活動しやすくなるんじゃないの??」と言われました。

仁もKAT-TUNもそれぞれがもっともっと光輝く場所に踏み出すんですよね。

だから前に進むしかないんですよね。

なんか朝書いたことと重複してることもありますし書いててなんだかまとまりない文で申し訳ないですが今まで思っていたこと。。。今思うことをつらつらと書いてしまいました。

とにかく仁、がんばれ~!!

KAT-TUNがんばれ~!

もう6人のKAT-TUNが見れないのが本当に悲しい~!!!

**********************
ランキングに参加してます→ジャニーズブログランキング
   ↑
いつもクリックありがとうございます。
とても励みになっております。

*********************

世界で最もセクシーな男性ランキング!(1日1回ポチっと)
世界一人気のあるエンターテナーランキング(1日1回ポチっと)
世界にすすめたいアーティスト世界にどんどん薦めましょう!!
BANDAGE発売記念キャンペーンサークル
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
UTB Hollywood Saff blogにはこちら。
YOU&JIN USA公式HPにはこちら。
Jin Akanishi You & Jin UTB インタビュー
Jin Akanishi You & Jin UTB Special
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【amazonより予約】
7月7日発売
↓  ↓
Duet (デュエット) 2010年 08月号 [雑誌]
Wink up (ウィンク アップ) 2010年 08月号 [雑誌]
POTATO (ポテト) 2010年 08月号 [雑誌]
7月23日ついに発売決定!!
BANDAGE バンデイジ 豪華版DVD 2枚組 (本編DVD+特典DVD) <初回限定><初回限定>
BANDAGE バンデイジ 2枚組 (本編BD+特典DVD) [Blu-ray]
BANDAGE バンデイジ 通常版DVD (本編DVDのみ)



















ニッカンHP
↓  ↓
KAT-TUN5人で再出発 赤西脱退へ
日記を書く
. 人気グループKAT-TUNから赤西仁(26)が脱退することが16日、決定的になった。ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏が「グループを離れるのは2度目。都合良くまた戻るのは世間的に許されない」と語り、赤西の脱退を初めて認めた。この日、同グループは初の海外ツアー「WORLD BIG TOUR」を東京ドームで開始。赤西抜きの5人での再出発を印象づけた。

 今回はソロ活動中の赤西抜きの5人で制作した新アルバム「NO MORE PAIN」を引っ提げてのツアー。アルバムの楽曲を中心に構成した。赤西は06年に米国留学し、半年間芸能活動を休止。5人で公演を行うのは今回で2度目になる。

 亀梨和也(24)は「5人なら5人の形で作っていくだけで、苦労はしていません。2度目だからダメージは薄いですよ」。赤西のソロパートは5人で分担。馬に乗って登場したり、火を駆使するなど派手な演出を交えながら、赤西不在を感じさせない華やかなコンサートに仕上げた。

 赤西の脱退はないとされてきたが、当初からグループ復帰は白紙だった。ジャニー喜多川氏は「タレントの言うことをすべて聞いて応援していくことが基本」として、赤西が熱望した米国ソロ公演を実現させた。「けじめをつけるのはまだ早い」と慎重に構える一方で「赤西とほかの5人は生きる方向性が違う。赤西がグループを離れるのは2回目。また温かく迎えられるなんて、世間的に許されない。他の5人のことを考えると、脱退しなきゃしょうがないですよ。残りの5人で頑張るしかない」との見解を示した。早ければ赤西の全米ツアーが終了する今秋にも、正式に脱退が発表されるものとみられる。

 赤西を除く5人は決して口にしなかったが、すでにこのメンバーで決意を固めている。今月上旬、初のアルバム発売イベントを開催。自由でワイルドな魅力で売ってきた同グループでは前例のない握手会も実施した。田中聖(24)は「オレたちも『命ねぇ!』なんて言ってばかりだったけど、これまでのありがとうを込めました」と照れた。

 亀梨は「今、見てもらえる状況がすべてです。赤西が1人でライブを成功させたんだから、5人でも成功させないと。ここからまたスタートだと思っています」。5人での再出発。亀梨の表情に強い決意がにじんだ。

サンスポHP
↓  ↓
赤西を“独り立ち”させる-。米国での成功を夢見て単身修業中の若武者に対し、喜多川社長がついに断を下した。

 6月19、20日にロサンゼルスで念願のソロ公演を実現させ、9、10月にはニューヨーク、ラスベガスなど7都市でもコンサートが決まった赤西。

 一方で彼が不在のままKAT-TUNが16日、東京ドームでアジアツアーをスタートさせた。同所に姿を見せた喜多川社長は報道陣に、来年も赤西が米国でソロ活動を計画していることを明言。

 その上で「今は米国で成功させることしか考えていない。KAT-TUNを引きずっていてはファンにも申し訳ない」と語り、今秋の全米公演を見極めた上で、正式に脱退させる意向を示した。

 続けて「米国で失敗したらKAT-TUNに帰っておいでなんて甘いことを言ってはダメ。『かわいい子には旅をさせよ』ではないが、好きな道を思い切りやらさせるしかない」。退路を断ち夢に向かわせる親心だ。

 赤西には、2006年10月に語学留学のためグループを離れてロスへ渡り、07年4月にKAT-TUNに戻った過去がある。喜多川社長は「同じようなことは世間(ファン)も許さないだろう」と、ファン感情も考慮の上で決断したようだ。

 KAT-TUNの解散については「ない」と明言し、6人の頭文字から名付けたグループ名の「A」が抜けることには「KA」を亀梨和也(24)の「カ」と解釈して存続させるという。

 01年に結成し、06年メジャーデビューしたグループは、人気メンバーの脱退という新たな局面を迎えるが、喜多川社長は「(赤西不在でも5人は)快く受けて、よくやっている」と評価した。

 同社長は青春時代を過ごした米国でエンターテインメント業界に触れ、事務所設立後もマイケル・ジャクソンさんらと交流を持つなど特別な思い入れがある。「赤西が米国で成功してくれたら、こんなにうれしいことはない」。今後も米修業を続ける赤西を全面サポートする。

デイリーHP

↓  ↓
人気グループ「KAT‐TUN」の赤西仁(25)が、今秋に行う全米ツアー後に、グループを正式脱退することが16日、分かった。赤西をのぞく5人で行った東京ドーム公演の会場で、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が「ツアーが成功したら、赤西は今後もアメリカを拠点に活動する。失敗してもグループに戻るのは世間やメンバーも許さない」と明言。いずれにしても、赤西はグループ離脱の道をたどることになる。

  ◇  ◇

 06年の米国語学留学以来目立った、赤西の単独行動の結末は「脱退」で決することになった。

 喜多川社長は本紙などの取材に「いつまで赤西がKAT‐TUNでいるか、どこかでけじめをつけなきゃいけない。秋の全米ツアーが終わったら、かな」と、赤西が今年9、10月に全米7カ所で行うソロ公演終了を区切りに、グループを正式に離れることを明かした。

 米国に行く前、赤西本人にも「好きなことをするのはいい。でも、いつか帰ってくるなんて、そんな甘いもんじゃないよ」と退路を断つことも通告したとし「彼は男の子だから(全米ツアーが)成功することしか考えていない。うまく行けば来年も米国を拠点に活動する予定。失敗したからといって、グループに戻ることは世間もほかのメンバーも許さないでしょう」との見解を示した。

 「KAT‐TUNの“KA”は亀梨の“か”。プロフィルなどから赤西も徐々に外していく」と、秋を待たずに段階的に脱退は始まるもようだ。

 残った5人のメンバーも、すでに気持ちは吹っ切れている。この日のライブ前の会見で、亀梨和也は「彼はやりたいことがあってやっている。それを無視して、止めてまで一緒にやろうというのはちょっと違う」とコメント。田中聖は「赤西がいないのは2度目。前回よりダメージは少ない。5人には5人の形がある」と語った。

 これまで“オレ流”を貫いてきた赤西。育ての親の喜多川社長も「赤西とほかの5人とは生きる方法が違う。別の世界にいる」とコメント。「赤西が事務所から独立することはない」としたが、日本での活動は白紙状態のままだ。


スポーツ報知HP

↓  ↓

 ジャニーズ事務所の人気6人組グループ「KAT―TUN」の赤西仁(26)が、今年9~10月に米7都市で予定しているソロツアー終了後、グループを脱退することが16日、分かった。所属事務所のジャニー喜多川社長が明らかにした。赤西以外の5人はこの日、東京ドームでコンサートを開催。亀梨和也(24)は「解散はまずないので安心して」と赤西脱退後のグループ存続を明言した。

 赤西がついにKAT―TUNを脱退する。この日、東京ドームを訪れたジャニー社長は、赤西の処遇について「合流する予定はないが『戻りたい』と言っても、他の5人が心情的には許せないだろうし、2度目は世間も許さないと思う」と言い、脱退させる方針を明かした。「ソロツアーを見届けた上で結論を出したい」とし、秋にも正式に発表されることになりそうだ。

 KAT―TUNは5月2日から全国ツアーを行ってきたが、赤西は「海外で挑戦したい」という意思を通し、グループを離脱して渡米。先月、ロサンゼルスで初のソロ公演を行い、9~10月には全米7都市を回るクラブツアーを決めた。2006年10月から約半年間、米国への語学留学のためグループを離れていた過去があり、「いつ戻ってきてもいい、というのは1回で終わり」と同社長。また、今後のKAT―TUNの活動については「いないと思って準備していかないといけない」と、印刷物などの資料からも「赤西」の名前を消していくことを明かした。

 ジャニーズジュニア時代から6人を手塩に掛けてきた同社長にとっては、苦渋の決断だった。「決してけんかしたりする連中ではない。仲がいいだけに自由奔放。彼(赤西)と5人は生きる方法が違う。両方に対する親心があるから」と複雑な心境をにじませた。

 亀梨はこの日、公演前の会見で「連絡は来てないです。日本にいるんですか?」と、赤西と音信不通であることを明かした。赤西不在のツアーについては「無理して止めて『KAT―TUNやろうよ』っていうのもおかしいし。2度目なのでダメージは薄いですよ」と冷静。「うわさが先行してるけど、解散とかはまずないので安心して。KAT―TUNを大きくするのが使命だし、夢でもあるので」と、5人での再出発に力を込めた。

 今後、赤西はソロアーティストとしてジャニーズ事務所に所属することになり、「今も毎日のように僕のところに相談に来る」と同社長。「世界でやってみなよ、という気持ちです」と変わらぬバックアップを約束した。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ジャニーズ最新情報
ネットでショッピング☆
リンク
最近の記事
カテゴリー
何人見てるかな?
月別アーカイブ
ランキングに参加してます
ジャニーズブログランキング
赤西仁コレクション
いつもアクセスありがとうございます。
仁君のお誕生日まで
最近のコメント
ネットでお買い物!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: